ジムニーと一人旅

さっきまでジムニーを画像検索して、ひたすら見ていました。
海外でカスタムされたモデルとか昭和の懐かしいモデルとか。
ジムニーほど愛されている車ってもそうそうないかと思います。

ランドクルーザーも世界中で評価されていますが、ジムニーの路線じゃない。
趣味としての車ならばジムニーに軍配が上がるでしょう。
個人的には旅のお供にはジムニーしか考えられません。

イメージとしては荒野を走るイメージなのですが、それは日本では難しいですね。
鳥取砂丘を走るわけにはいきませんし。そもそも道路の整備が進んでいるので荒れている道に遭遇する機会が少ない。
二ヶ月前に丹沢渓谷に言ってまいりましたが、道路は走りやすかったもんね。

テント張った場所からはちょっと離れた場所に置くしかなかったけど。
途中で雨がひどくなってきてテントじゃ危険を感じたから車内泊をしたのは良い思い出。
さすがにジムニーの広さではうまい具合に寝れなくてろくに寝れなかったけど。

車内泊するならミニバンタイプじゃないとちょっときついかも。
でもそんな居心地の悪さもジムニーの魅力なわけで。ホントかわいい車なんですわ。

今のジムニーが壊れても、また買ってしまいそうな勢い。さすがに家族持ちは辛いかもしれんが。
あとは現行車の雰囲気が好きになれないのよね、旧車派としてはさ。

レストアして乗るって手もあるけど、これはめっちゃ金のかかる趣味でしかない。実用には向かないね。

あと何回愛車のジムニーと旅に出れるのだろうか?仕事のスケジュールの関係もあるけど、今度は1週間くらいの長旅がしたいな。

suzuki-sixteen.com